校長室より

校長あいさつ

 

創立160周年の年,スタート!! ~ 盈進の子供たちを光に ~
                                    校長 平 千力

 盈進小学校,創立160周年の年がいよいよスタートしました。今年は,26学級557名,教職員数42名,統合3年目の盈進小学校となります。

 さて,盈進小学校は安政5年の創立であります。安政5年といえば,今話題の「西郷どん」の4~5月の放送と丁度重なります。島津斉彬が亡くなり,井伊直弼による安政の大獄が実行され,西郷さんが月照さんと海に飛び込んだ頃です。まさにその前後に我が盈進小学校が文武館として設立されました。これほどの歴史をもつ学校は県内でも最古となります。

 盈進小学校では,「思いやりのある子」,「力を合わせる子」,「よく考える子」,「体をきたえる子」,「がんばりぬく子」を目指す子供像として掲げ,「み・は・た」の三つの心(認め合う心,励まし合う心,助け合う心)をもった子供たちになることを願って教育を進めています。
 特に,自分で決めたことは自分から進んでやりきる子(がんばりぬく子)になってほしいと思います。

 そして,~盈進の子供たちを光に~をモットーに,すべての子供たちを光り輝く存在になってほしいと思います。
 子供たちは,一人一人個性があります。それを充分発揮できるようになってほしい。
 将来,盈進校区(さつま町)に残って輝く存在として頑張れる人になるように。また,盈進校区(さつま町)を離れても,日本を,あるいは世界をまたにかけ,その地で輝く存在であり続け,盈進校区(さつま町)のよさを発信する存在になるように。そして何より,思いやりのある存在となるように。
 それが,光り輝く姿だと考えています。

 このように,一人一人を大事にし,将来を見据えた教育をしていきたいと考えています。